テンカラライフ:テンカラ入門、渓流釣り初心者がゼロから一尾釣れるまで。

全くのシロウトからテンカラ釣りを始めた筆者が「初心者がゼロから一尾釣れるまで」の道筋を紹介します。

テンカラの思想を拡張するロッド。Jointerのロッド「Sprout」のファーストインプレッション

f:id:tenkaralife:20190714001549j:image

久しぶりにロッドを新調しました。Jointer(ジョインター)というブランドのSprout(スプラウト)というモデルです。そのファーストインプレッション的な記事。

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

デザインコンシャスなテンカラロッドがついに国内ブランドで登場。

まずはこのJointerというブランドについて。アウトドア好きならまず知っているであろうWILD-1というアウトドアショップが新たに立ち上げたブランドです。公式WEBサイトは下記リンクより。

 

www.jointer.jp

 

公式サイトを見て「お?なんか他の釣具メーカーと違うぞ??」と思ったアナタ。完全にミートゥー、ワタクシもそう思いました。Jointerさん、『+FISHING』『つながろう、新しい「釣り」の世界へ。』というコンセプトを掲げており、釣りにプラスアルファでアウトドアアクティビティのエッセンスを加えているというのが国内の釣具メーカーさんの立ち位置とちょっと違っていて。

 

昨今のアウトドアのギア(=道具)ですが、音楽フェスや山ガールブームやUL(ウルトラライト)ブームなどなどのムーブメントの隆盛もあり、質実剛健な「道具」でありながらもそのデザイン性がかなり洗練されてきていて。モンベルさんあたりも特に最近のデザイン、すごく今っぽくてスタイリッシュになってきましたよね。

 

で、そういうデザインの研鑽ってやっぱり海外のブランドが先んじていて、テンカラについても逆輸入のような形でデザインコンシャスなロッドが海外ブランドで多くリリースされています。有名なのはパタゴニアさんかな。パタゴニアさんは「シンプルフライフィッシング」と銘打ってテンカラの概念の再構築を図っています。私見ですがこれでだいぶテンカラのイメージがスタイリッシュなものに変わったというか、アウトドアアクティビティの一環として評価されてテンカラの裾野がだいぶ広がったのではと感じています。
パタゴニアの他にもCauswell、Tenkara Rod Coあたりがデザイン面でもスタイリッシュなテンカラロッドをリリースしていて、国内のブランドでも同じようにシュッとしたデザインのテンカラロッドがリリースされないかなーと人知れず心待ちにしていました。

 

で、そこでJointerの登場。ネットで一目見て、これ買う、絶対買う、と速攻で注文しました。冒頭の画像がもちろんその購入したJointerのSproutというロッドなのですが、一目瞭然ですよね。このカラーリング。「釣れればいい」ってところではなく、デザイン面にもしっかりを意識を振った感じのプロダクト。こういうスタンスでのテンカラロッドを心待ちにしていた人も多いんじゃないでしょうか。

 

f:id:tenkaralife:20190714001558j:image

 

こういうロゴ周りの感じとかたまらないですよね。

 

で、デザインコンシャスなロッドということで次に来る考えが「でも、お高いんでしょう?」というところ。んでここがやったぜWILD-1さんってところなんですが、このSproutは税抜定価5,900円。この価格でこのデザイン性だったらそりゃ買いでしょう!

 

実際に手にしたところ、ロゴ周りやコルクのグリップ部分も安っぽくないし、ロッド本体の部分の質感も悪くない。カラーリングも素晴らしく、ロッド本体のマットな仕上げは好みが別れるかもですが、自分としては非常に好印象でした。

 

「女性、子供向け」と謳いながらもコアな源流派にも刺さるスペック。

で、見た目の話ばっかじゃなくてスペックや釣り竿としての機能はどうなのよ、ということになりますがまずこのSproutというモデル、公式サイトのカテゴリでは「For kids」ということで女性、子供をメインターゲットにしたロッドという扱いです。長さは2.7m、仕舞寸法が33cm、継ぎ数が10本。一応テンカラだけではなく他の釣りにも対応しているロッドのようですが、上記スペック、どう見ても源流のサブロッドとして最適じゃないですか?長さはもちろんですが、仕舞寸法の33cmというのは源流トレッキング系テンカラ好事家にはたまらないスペック。

 

ちなみにテンカラロッドということではTenkara Fly 33というモデルもリリースしていますが、自分がすでに3.3mのロッドを持っていてそれより短いロッドが欲しかった(フライとテンカラの中間くらいのロッドでラインシステムはフライに寄せた感じのテンカラがしたくって)のでSproutをチョイスしました。あとロッドにライン(フック)キーパーが付いているのがデザイン的にどうも好みではなくて、、、すみません。でもこのSprout、上の画像のようにロッド先端のキャップが優秀で、リリアンにラインをつけたまま、ラインをロッド先端とエンドにぐりぐりぐりっと巻きつけてからキャップで固定。毛鉤をグリップのコルクに差し込めばラインを収納できます。これ何気に便利。グリップのエンドにマイナスネジみたいに溝を彫り込んでくれたらラインキーパーいらないんじゃないか、、、まあDIYで加工すればいいのですが。いずれやってみようそうしよう。あ、ちなみにネオプレン素材のソフトケースも付属しています。やったね。

 

ということで早速我が家にやってきたSprout、ラインをつけて振ってみましたがなかなか調子が良い。継数の関係もあってか一般的なテンカラ竿よりはちょっと硬めの振り味。調子も先調子ですが、これ、個人的には自分のスタイルに非常に合っているなと思っていまして。

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

こぼれ話:先調子とか胴調子とか

で、「先調子」「胴調子」というテンカラ竿の曲がりの特性のお話。ちょっと経験者向きかもなのでなんかよくわからんという方はへーそうなんだ、と鼻くそでもほじりながら読んでください笑。経験者ぶって書いてみましょう。ええ、ワタクシもズッブズブのビギナーですが、経験したことから。

 

「先調子」というのはロッドがしなる際、主に先っぽが曲がる特性のことを言います。そして「胴調子」はロッド全体がしなる特性のことですね。ロッドそのものの硬さにもよりますが、胴調子の方がロッド全体の反発をしなやかに使うことができます。じゃあ胴調子のほうがいいじゃん、って話になりそうですが、先調子の場合は先っぽの方にしなりのピークがあるため、竿全体のアクションの幅が小さくなります。すなわち運動の起動が小さいため、打ち込みの際のブレも小さい。というわけで、先調子のロッドは「狙ったところに毛鉤を打ち込みやすい」「ロッドのアクションが小さい」「しなり幅が小さい分手元に伝わる反動も小さい」という利点があると個人的には感じています。なんていうかマニアックかつ個人の感想でごめんなさい。

 

で、あくまでワタクシの場合ですが、ロッドのアクションは最小限でラインの自重(最近はテーパーラインを使っています)で毛鉤を飛ばすというのが性に合っているようで、狙ったポイントに最小のアクションと最小のインターバルでテンポよく打ち込んでいくのが理想的だと思っているため先調子のほうが向いているなと。あと非常に感覚的な話で恐縮なのですが、フォワードキャストで毛鉤を飛ばした後にロッドにしなりのパワーが残っていてそのパワーをロッドアクションで逃がすみたいなキャスティングのクセが自分にはあるため、胴調子で運動の軌道が大きいとそのカバーリングのアクションが大きくなって着水した毛鉤にドラグがかかりやすい、、みたいな感じもあったりします。いわゆるテーパーラインでの「オツリ」の感覚で「ロッドのオツリ」もあるというか、、、極めて個人的な傾向性ですが。

 

逆にレベルラインの場合は胴調子の方がロッドの反発が効きやすくていいんじゃないかと思います。完全な私見ですが。。。

 

ということでこのSproutというロッド、取り回しやすい長さもあり、先調子の利点を生かしてしなやかなテーパーラインを繊細に操り、点在する渓流・源流域のポイントを次々と探っていくというスタイルには非常にいいんじゃないでしょうか。Jointerさんではテンカラ用のラインも取り扱っており、自分は3.3mのラインを購入して組み合わせて振ってみましたが非常に調子が良かったです。

 

まとめ。テンカラは「釣法」から「スタイル」へ、、となっていったらいいなと思ったりなんなりでSproutはすばらしいっていうお話。

ということでコンパクトでリーズナブル、さらにデザインもフィールグッドということで女性、子供だけではなく万人にオススメできるロッドなんじゃないでしょうか。上記のロッドの特性も正直「こういう特性だから扱いにくい、オススメできない、ダメ」というものでは決して断じて心の底からなんなら腸の一番奥から一切なく、特性を自分のものにして活かしていけばいいというただそれだけの話ですから。道具ってそういうものだしね。うん。

 

というか何よりほんとこのデザインなんですよ!野暮ったくなく、スタイリッシュなアウトドアアクティビティとしてのテンカラの再定義。そんな風にいうとちょっと褒めすぎかもですが、ただの釣法のひとつというだけでなく、「テンカラというスタイル」という価値観の芽生えとして今後が本当に楽しみです。フライフィッシングの優雅さみたいな感じで、シンプルなテンカラが「ULトレッキング」「ミニマリスト」「無印良品」「シンプルライフ」みたいな感じで洗練されたカルチャーになっていくのも面白いなーと。Jointerさんがんばれ。超がんばれ。なんならワタクシもブログとフィールドレビューで助力するのでギアサポートしてください(懇願)。

 

で、薄々皆様も勘付いていると思いますが、まだこのSprout、ワタクシ実戦投入はまだできておりません、、、なかなか渓流にいく機会が取れず、、、触ってみた感じ、「これで釣れないわけがない」という確証めいたものはビンビンにありますが、実釣したらまた改めてレビューの記事を書きたいと思います。押忍!!

 

それではみなさま、素敵なテンカラライフを!

 

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

テンカラ愛好家にも!ビギナー向けフライフィッシングの仕掛け/タックルシステムまとめ

f:id:tenkaralife:20190711123307j:plain

さて、ここではフライフィッシング初心者向けの仕掛け/タックルシステム(=道具立て)を紹介していきますよ。テンカラからスイッチしてフライフィッシングに挑戦したい人にも!

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

優雅でシャレオツなフライフィッシング。「ミーハーです!」と胸を張って気楽に始めちゃいましょうよ!

ということで、このウェブサイトは「テンカラライフ」と銘を打ってビギナー向けのテンカラの普及活動に努めているわけですが、テンカラビギナーのみなさん、テンカラの親戚みたいな存在のフライフィッシング、気になりますよね。

 

ええ、完全に自分もそのクチです。渓流系の雑誌を見ていると目にするピカッとしたリールと優雅に舞うライン。映画『リバーランズスルーイット』のフライフィッシングシーンのあの感じ。なんというか優雅さ、ちょっと余裕のある大人の嗜みというか、あの深みのある雰囲気の釣りを穏やかな渓流で楽しみたいと思いまして。

 

はい、一言で言っちゃえばミーハーな立ち位置で、あのかっちょよく優雅でシャレオツ(でモテそう)な世界に自分も足を踏み入れてみたいと。でもね、なんとなくフライフィッシングって敷居が高く、シロウトがおいそれと足を踏み入れちゃいけないような「一見さんお断り」みたいなハードルありますよね?

 

いやいやいや、そんなもんいらないっしょ。ぜんぜん。まじで。

 

気軽に始めてしまいましょうよ。だいじょうぶ、道具立てがちょっとややこしいだけでフライフィッシングは思ったよりも全然お気楽に始められます!テンカラを経験しているあなたなら道具を揃えていつもテンカラで釣っているあなたのカーティスクリーク(=お気に入りの渓流)でフライフィッシングも気軽に始められるはず!アウトドアブランドのパタゴニアもテンカラを「シンプルフライフィッシング」と再評価してプッシュしており、技術的には完全に親戚みたいなものなんです。テンカラ未経験のあなたも、このページでなんとなく道具の情報をつかんでとりあえず始めてみてはいかがでしょうか!

 

ちょっとだけ前置きの話。渓流〜源流域ではせいぜい5m〜10mが勝負距離。

ということでタックル(=道具)の紹介に入る前に、ちょっとだけ前置きのお話を。下記にて紹介するタックルシステムですが、渓流〜源流域と川幅狭めのフィールドを想定しています。川の横幅でいうとせいぜい5mにも満たないくらい、車二台がやっとすれ違えるくらいの道幅くらいのイメージですね。で、そういう川の場合ってラインの遠投の必要がほぼないのが実際のところ。ほら、フライフィッシングって「遠くに飛ばすのが正義」みたいなイメージあるじゃないですか。ノー!断じてノー!もっと心のハードルを下げてください。せいぜい5m〜10mくらい遠くにフライを落とせればじゅうぶん釣果は得られます。イメージとしてはテンカラのキャスティングポイントからせいぜいプラス2〜3mくらいでしょうか。普通の車一台の長さが4mくらいってところなので、自分の立ち位置から車2台分くらい離れたところにフライをなんとなく狙ったところに落とせればそれで大丈夫なんです。「なんか遠くに飛ばせないの恥ずかしいな、、、」とか思う必要まるでなし。っていうか渓流で他人に会う機会ってほとんどないでしょうし。笑

 

ということで、「川幅せまめの源流域で自分から5〜10mくらい離れたところにフライを落とせればオーケー」という最低限のタックルをご紹介していきますね。どうでしょう、みなさん心のハードルが下がったでしょうか?

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

まずはドバッと6つ道具。

ではではでは本題!フライフィッシングに必要なタックルを紹介していきます!冒頭の画像を見つつ、イメージを膨らませてくださいね。
まずは箇条書き。
・ロッド
・リール
・フライライン(とバッキングライン)
・リーダーライン
・ティペット
・フライ
この6つ道具ですね。ロッド、ライン(とハリス)と毛鉤の3つがあれば成立するテンカラよりは多少複雑。でもだいじょうぶ、ひとつづつ説明していきますから!で、各項目ごとに実際に自分が使っているタックルも紹介していきます。なんにも考えずそれらを揃えればとりあえず釣れるシステムは作れます。ええ、バッキバキの初心者の自分も釣れているシステム(かつお値段抑えめ)なので安心してください!

 

ロッド:テンカラのロッドより短め。6.6〜7フィートくらいのパックロッドを選ぼう。

いきなり「フィート」なんて馴染みのない単位が出てきて心が折れそうになりますがそこはぐっとこらえて!1フィート=だいたい30cmとざっくり考えてください。ということでおよそ2mくらいの長さのロッドが渓流〜源流域では好まれます。テンカラの3.3〜3.6mのロッドと比べると随分短いですよね。テンカラと異なり、ラインの自重で飛距離を稼ぐっていう側面が強いフライフィッシングではテンカラと比べるとロッドの長さはあまり必要がないようです(あくまで自分の体験からですが)。個人的なオススメは7フィート。6.6フィートも一般的ですが、テンカラから移行する人はきっとある程度ロッドの長さがあったほうがキャスティングの感覚がつかみやすいと思います。

 

で、ものの本を読んだりするとロッドのアクションがどうの、、とかいろいろ書いてありますが、ぶっちゃけ初心者ならそんなことわかりません(笑)。ロッドに自分をあわせていくくらいの軽い気持ちでいいと思います。

 

ということで自分はこのアルファタックルの"リバーランズ ブラウンストーン"っていうロッドの7フィートを愛用しています。お値段もそんなに高くなく、取り回しやすい。で、渓流〜源流域が好きな人には「パックロッド」という竿の継ぎ数(=連結数)が多く、コンパクトになるものが断然オススメです。フライロッドだと結構継ぎ数が少なくて仕舞寸法が長いものも多く、山歩きを経て渓流に到着みたいなフィールドには不向きのものもあるのでそのあたりもしっかりチェックすると良いかと。

 

リール:ただラインを収納するだけ。でもこだわりたくなっちゃうモノ。

はい、続きましてはリールですね。ルアーフィッシングだと実際の魚とのファイトにも使われる重要なアイテムですが、フライフィッシングではラインを手繰って魚を手元に寄せてくるため、基本的にはただラインを収納するだけの道具です。ただね、フライフィッシングをやってみるとクラシカルで雰囲気の良いものが欲しくなったりしてくるのですよこれが、、、

 

 で、ワタクシが使用しているのはこのダイワのロッホモア100Aというモデルです。実売3,000円程度。質感も良く、チキチキチキチキ、、、っていう回した時の音も心地よい。このチキチキ音がうるさいのが嫌という人もいるようですが、自分はこのチキチキ音、いかにもフライフィッシングという感じが好きなので、ええ。で、このロッホモアの他にもドイツのRST社のコヒノールというデッドストックのリールも使っていましたが、川でスプール止めのネジを落として紛失、釣行不能に。デッドストックのためパーツの取り寄せも難しいという悲しい経験をしたことがあります。慣れないうちは何かとトラブルが起きがちなので、国産の現行品、しかもリーズナブルなこのモデルは初心者には最適なんじゃないでしょうか。自分も今の所使っていて何の不自由もありませんし、岩とかにガシガシぶつけてもぜんぜん大丈夫(道具的にも気分的にも)。使い込んで味がでるのもいいじゃないですか。

 

ライン:フライシステムのキモ。でもそんな難しく考えなくて大丈夫。

そしていよいよラインですね。こいつがフライフィッシングのキモになります。キャスティングのロッドの反発と運動のエネルギーを一手に担い、遠くへと伸びてフライをポイントへと運ぶ糸ですね。糸というより紐といったほうがいいくらいの太さがあります。で、ビギナーにはほんとわかりにくいのですが、形状、太さ、浮かびやすさでいろいろ種類があります。で、ファーストチョイスは「DT3F」というタイプ。名称を分解して解説しましょう。
DT:ダブルテーパーの略。ラインの中心から両端に向けて細くなっていくタイプ。
3:太さ。数字が大きくなるほど太くなる。
F:フローティングの略。水に浮くライン。
ということで、DT3F=「ダブルテーパータイプで」「3の太さで」「水に浮くもの」というタイプのフライラインということです。WF=ウェイトフォワードといって先端が太くなっていくものなどいろいろあります(興味を持った方はいろいろ検索して調べてみてくださいね、無責任ですません)が、テンカラから移行するならダブルテーパーが使いやすいと思います。真ん中から切って2本になるのでお得だし。

 

で、フライライン、高いものだと1万円弱とかします。高い、、、、ですが、個人的には安いもので最初はいいんじゃないかと思います。というか、前述の通り5m〜10mくらい飛ばせれば渓流〜源流ではじゅうぶん釣りになるのでそんなにラインの性能は釣果に影響しないんじゃないかなと。

 

そしてラインでもう一つ、「バッキングライン」といって、リールに下巻きするラインも必要になります。リールに直接フライラインを巻きつけると、リールの軸の部分の近くは直径が小さいため、巻きグセがつきやすくラインを飛ばす時にヨレヨレヨレってなっちゃうのでその回避のため。自分は上記リールのロッホモア100Aに20フィートくらいかな、バッキングラインを下巻きしてから半分にカットしたDT3Fのラインを結びつけて巻いています。巻きグセが起きにくい「ラージアーバー」という巻き部分の軸の直径が大きいリールもありますのでそっちを選んでも良いのかも。ラージアーバーのリール、かっこいいんですよね、、、

 

バッキングラインはコチラを使用。いちおうなんとなく専用のものを使っています。べつにたぶん百円ショップの麻縄とかでもいいんじゃないと思いつつ。 

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

リーダーライン:フライラインのパワーをフライに伝える透明のライン

そしてリーダライン。前述のフライラインの画像とか、フライフィッシングの写真とかを見て「こんなカラフルで太い糸使ってたら魚もさすがに気付くんじゃないの?」と思ったあなた、御察しの通りです。さすがにあのオシャレカラーのフライラインに直接フライを結びつけても「人間アホか」と思って魚は食いついてくれないでしょう。ということで、フライラインからフライの間に距離をとる意味でもリーダーラインという透明の糸を連結します。リーダーラインもフライラインと同様に一般的には「テーパーライン」という先に行くにつれて細くなっていて、フライラインからのパワーをうまくフライに伝えてまっすぐに着水させるような作りになっています。これはテンカラのテーパーラインと同じ感覚ですね。

自分はこれ使ってます。リーダーラインも高いものを使う必要はないかと。長さについては15ftとか9ftとか7.5ftとかいろいろありますが、ロッドと同じくらいの長さが一般的です(冒頭のシステム紹介画像だと7ftってなっていますが紹介リーダーラインは7.5ftです、、、大差ないので勘弁してください)。また、「ロングリーダー」といって15ftのリーダーを使う釣法も流行していますが、個人的には初心者にはあんまりオススメしません。ライントラブルが起きやすいし、フライラインとフライが離れすぎていてどこ流れてるのが見失いやすいというしょうもない理由で自分はロングリーダーには馴染めませんでした。後述するウェットフライ/ドライフライも兼用するのでリーダーが長いとフライの挙動が掴みにくいんですよね。テンカラの感覚に近い方が釣りやすいので、自分は7ftくらいにしています。

 
 

ティペット:リーダーの先っぽにつけるライン。

なんじゃそれ?って思う方も多いんじゃないでしょうか。これ、テンカラでいう「ハリス」だと思ってください(逆にフライフィッシングからテンカラに入る人はハリスのことをティペットと言ったりします、ややこしや)。リーダーに直接フライを結びつけるとフライのロストとか付け替えの時にどんどんリーダーが短くなるのでそれ回避のためという側面も強い気が。海外ではリーダーに直接フライを結びつける形も多いようで。で、テンカラのシステムと同様、枝がかりや根がかりの際にティペットから切れてリーダーとフライラインを守るというトカゲのシッポ的な働きというか。健気ね。

 

で、自分はテンカラの1号のハリスを流用しています。釣れりゃあいいっしょっていう軽い感じで。笑

フライ:「ドライ=浮かせる釣り」か、「ウェット=沈ませる釣り」か。

いよいよフライにたどり着きました。ふう。で、自分の場合はフライは完全にテンカラと共用です。そこで一応考えておいた方がいいのは、フライは大きく分けて「ドライ」というタイプのものと「ウェット」というタイプのものに分かれます。ドライは「浮くフライ」ですね。水面を浮かして流し、ガバッと水面に食いついた魚を釣るというダイナミックな釣り。ウェットは「沈むフライ」。水面からちょっと下を流すタイプのフライです。で、フライフィッシングというとドライで釣るのがまあ一般的といったところ。テンカラと異なり、フライラインを水面に浮かばせて釣るのでアタリの手応えが非常に掴みにくいのでウェットの場合はちょっとそのあたりに慣れが必要というか。インジケーターといういわゆる「浮き」のようなものを使う場合もあります。自分としてはフライラインをあまり水面につけない、本当にテンカラの拡張のような釣り方でウェットフライを使うことも多く、なんだか邪道なのかもしれませんがそんな感じで釣ってます。

 

で、上記システムなら#12というサイズのフライがよいかと。浮くタイプと言っても何回か流しているうちに水を吸って沈むようになっちゃうので「フロータント」という粉やらジェルやらスプレーやらの浮力材をつけつつ釣りを進めていく感じです。本当にいろいろなタイプのフライがありますがドライなら定番フライは「エルクヘアカディス」。市販品ならこんなところかな。エルクヘアカディスは自分で巻いて作るのもそんなに難しくないんで道具を揃えて巻いてもいいかも。いずれタイイング(=巻き方)についても記事を書こうかと思います。

 

で、ウェットタイプならテンカラと共用で良いかと。アタリ取りの難しさは、、、気合と根性で、、、なんて言ったら無責任ですが、テンカラと同じ感覚でラインをあまり出さずに釣れば意外となんとかなります。

 

ということでばばばっと一通りの道具を紹介していきました。あ、もちろん、それ以外の道具、ウェーダーとかラインディングネットとかはテンカラと共用でなんら問題ありませんよ。

 

まとめ:テンカラに慣れていればハードルはぐぐぐっと下がる。テンカラ未経験の人も、気楽に始めてみましょうよ!

そして、ここで紹介したタックルは初心者向けのほんの一例。フライは本当に種類も多く、「マッチザハッチ」というその場にあわせたフライのチョイスをするという考え方もあり、またフライラインについても4番のほうが飛ばしやすいという人ももちろんいて。道具の数も多く、選択肢も多いためになかなかハードルが高く感じますが、まずは揃えてみて、テンカラと同じような感覚で釣ってみていろいろ試行錯誤してみるといいんじゃないかと思います。テンカラにある程度慣れていれば、「毛鉤=フライで釣る」というところの勘所とキャスティングのコツはつかめていると思うので、テンカラでやっていることにちょっとアレンジを加えるだけっですんなり馴染めるというか。ということで優雅でシャレオツなフライフィッシング、軽い気持ちで始めてみましょうよ!

 

それではみなさま、素敵なテンカラライフ(orフライフィッシングライフ)を!

 

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 

初心者のあなたにこそ。バーブレスフックでテンカラのススメ:めざせ脱初心者!お役立ちテンカラ3分TIPS#08

f:id:tenkaralife:20180510215045j:plain

脱初心者を目指すあなたのためのお役立ちテンカラTIPSシリーズ。#08はバーブレスフックのススメ。

続きを読む

テンカラトリップ釣行記:2018年5月上旬の長野県の志久見川、奥信濃の隠し里

f:id:tenkaralife:20180509191949j:image

テンカラトリップ釣行記。長野県の北端、栄村を流れる志久見川へ。初夏の新緑をまるっと楽しむ素敵なテンカラトリップとなりました。

続きを読む

テンカラ釣行記:2018年5月上旬の裾花川上流域にて、渓相の移ろいと9寸イワナと

f:id:tenkaralife:20180503004730j:image

テンカラ釣行記。新緑まぶしい5月上旬の裾花川の上流域へ。渓相の変化に驚きつつも9寸イワナと遊んだ日の記録。

続きを読む