読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テンカラライフ:テンカラ入門、渓流釣り初心者がゼロから一尾釣れるまで。

テンカラライフは、全くのシロウトからテンカラ渓流釣りを始めた筆者が「初心者がゼロから一尾釣れるまで」の道筋を紹介しているウェブサイトです。

テンカラ釣行記:2016年6月犀川水系支流にて

f:id:tenkaralife:20160701011614j:plain

釣行記。
犀川水系の支流に行ってきました。
仕事と私用の合間をぬって半日ほどの釣行。
梅雨の雨が続く合間のタイミング、
難しいコンディションが予想されましたが機会は逃せない、という
ことでゴー。
幹線道路からものの数分で渓相は山岳渓流。
雨続きで増水傾向ですが濁りはなく、クリアな急流の中を釣り上りました。

Sponcered Link
 
Sponcered Link
 

 



初めて入った渓ですが、増水のせい?それともいつもこうなのか?
水流の勢いが強く、川通しで釣り上がるのもなかなか大変。
入渓から数分、急流の中で食わせるの難しいかな、と思っていたところで
流れの端の岩のところからイワナがヒット。
そして即バラシ。泣。


これは期待できるな、と思いつつもやっぱり増水のせいか魚影が薄い。
次にヒットしたのはニジマス。
基本的に上流域を釣る自分としてはなかなかレアなニジマス。
存分に引きを楽しんでから取り込みました。


しかしなんとも魚の出がしぶい。
流れがゆるやかになっている箇所にピンポイントで毛鉤を打ち込むも反応がない。


しばらく釣り上がって落ち込みの白泡の脇からヤマメをゲット。
こりゃイワナの日じゃないな、と思いつつも、
やっぱりイワナとご対面したいわけで。
さらに釣り上がって堰堤手前でなんとか小ぶりのイワナを2匹引き出して終了。


半日の釣行で成果は4尾ほど。
数としては物足りませんが、
初めての渓にてニジマス、ヤマメ、イワナと
テンカラの対象魚3種ゲットは満足満足。
コンディションの良い時にまた来たいと思われる渓流でした。
次回はもう少し上流から入渓しても良さそう。


【本日のレベルアップ】
増水時の難しさ。
「増水時はポイントがなくなる」ということを知識としては知っていましたが、
身をもって体験したのは初でした。
単純に水位が上がるというだけではなく、
適正流速の箇所がなくなるという意味合いもコミで
「ポイントがなくなる」ということなんだなと。
増水時の渡渉、川通しの難しさも身をもって知りました。
安全第一です。


f:id:tenkaralife:20160701012733j:plain本日の釣果。人生初のニジマスです。8寸強というところ。アワセから取り込みまで走る走る。ロッドがしなる感触を存分に楽しめました。清流テンカラのいいところは釣った魚を「食べる」というイメージにもつなげられるところ。ありがたく持ち帰り、塩焼きにしておいしくいただきましたとさ。

Sponcered Link
 
Sponcered Link